FireWorks

ライターが書くブログ。競馬、F1、サッカー、野球、映画など。

タグ:ラッキーライラック

宝塚記念 2020 予想 阪神11R 芝2200m 6/28 日曜日 15:40スタート



 ◎は⑮スティッフェリオ。〇は⑪ラッキーライラック。スティッフェリオはステイゴールド産駒。
ラッキーライラックはオルフェーヴル産駒とステイゴールド系で予想してみました。
 ステイゴールド系は宝塚記念強い。オルフェーヴル、ゴールドシップ、ドリームジャーニー、ナカヤマフェスタなど。


買い目は
単勝⑮、⑪

馬単1着⑮-2着⑪

 馬単なら記事書いている時点で297.7倍の配当がある。単勝ならスティッフェリオ40倍以上。
血統予想ならなかなか魅力的では無かろうか。

栗毛の名馬 8頭。



 競馬ファンには毛色ファンていうのが存在する。代表的なのが芦毛と栗毛。芦毛は結構思い浮かぶのに栗毛はさほど思い浮かばなかったので栗毛の名馬を並べてみた。


 ①オルフェーヴル。最近の栗毛の名馬の筆頭格と言えば3冠馬オルフェーヴル。その凶暴さと相まってファンを引き付けた。

②ダイワメジャー G1を4勝。マイルでは強さを見せた。

 ③ゴールドアリュール サンデー系のダート馬と言ったらこの馬の産駒。ちなみにダイワメジャーも
ゴールドアリュールも栗毛の名牝Almahmoudの4×5のクロスがある。

④ラッキーライラック。大阪杯、エリザベス女王杯、阪神JF制覇。オルフェーヴル産駒。

⑤サウスヴィグラス JBCスプリント制覇。産駒は地方ダート短距離では安定の強さ。

⑥カネヒキリ 砂のディープインパクト

⑦タイキシャトル ジャックルマロワ賞、マイルCSなどG1を5勝。

⑧テイエムオペラオー G1を7勝した名馬。


 こう8頭を並べてみると非常にタフな馬、ダートの馬が多いなあ。と行った印象。タフなレースになると思ったら栗毛に賭けてみては?




中山記念&阪急杯 予想。2019年2月24日

中山記念 中山1800m 15:45
◎1番ウインブライト。去年の中山記念覇者で中山で4勝している実績は良い。
父ステイゴールドということもあり、中山に合っているのだろう。
芝の持久力勝負が得意な母父コジーンというのも良さそう。

○3番ラッキーライラック。
オルフェーヴル産駒。ここで一旦見直して見ては。

阪急杯 阪神1400m 15:35

◎⑯ミスターメロディー。筋肉がついてきていかにも1400mが似合いそうな体型。

↑このページのトップヘ