FireWorks

ライターが書くブログ。競馬、F1、サッカー、野球、映画など。

カテゴリ: スポーツ

無観客試合 新名称は『リモートマッチ』

 リモートマッチという名称は一番しっくりくる名前だと思いました。

 自分もこの他にいい案が思いつかない。無観客って寂しい思いがしていたけど

 リモートマッチならポジティブな感じがしてGOOD

 リモートマッチにしっくり来てない人も時期慣れるさ。

 批判している人も新たな提案が無いもしくは、大した提案していないしね。

 リモートマッチでスポーツを楽しみましょう。 

スポーツ選手 引退後の生活。


 スポーツ選手の引退後はよく潰しがきかないと言われる。そこで競技の引退後に今までの技能を生かせる職業を考えてみた。

野球選手。

餅投げ。よくイベントで行われ大盛り上がりの餅投げ。そこに野球選手、特に投手が投げると
カーブ気味の餅やフォークに落ちる餅あるいは強烈なストレートの餅などがあれば間違いなく盛り上がる
はずだ。
 守備職人であれば餅を拾う側に回っても活躍できる。さらにキャッチャーであれば投げてに高めのスライダーなど要求する事も可能。

餅屋。バットを振り回すのを活かせる職業といえば、餅つきだろう。素振りの要領でやれば良い。横に振るから縦に振るに変わるだけだ。


DaznやYoutubeなどで、日本語実況では無く、英語実況でのスポーツ観戦サッカー、野球、競馬、格闘技などが増えてきている。しかしながら、母国語では無いためどうしても分かりにくい。

そこで英語実況を楽しむポイントを
個人的にまとめてみた。
①マイナーな試合を楽しめる。
②本物感がある。
③選手や馬の名前を聞き取る。
④英語の勉強になる。

詳細

①英語実況はたいがいマイナーな試合であることが多い。プレシーズンやプレミア下位など。それを見ることによって他との知識の差を得れたり、オタク感が得られる。
②英語圏の試合を英語で見ることにより、本物感がある。映画と違って字幕も無いから余計に。
③選手の名前を聞き取る事が出来れば英語がわからなくても大体理解できる。
④英語の勉強になる。
メジャーリーグなど、1試合三時間を見た場合、英語を三時間聞いた事になる。英語に慣れる意味でも役に立つ。

 以上の事を参考にして英語実況を楽しんでください。

マイナーな試合を楽しむ方法。


 DaznやabemaTVの普及でスポーツ観戦が増えた。その中にはクラシコのようにメジャーで誰でも楽しめるような試合があるが、正直優勝争いにも絡まない面白味の無い試合または見たことないスポーツというのがほとんど。その時に少しでも楽しめる方法を書こうと思います。

①選手個人のハイライトを探してそのハイライトを見る。その事によりプレーの特徴がわかる。
興味ない試合を1試合見るのはきつい。

②ハイライトを見る順番は
 サッカーなら両チームの①チーム内得点王。②アシストの多い選手 ③ゴールキーパー④DF ⑤過去のレジェンド。
 野球なら①クリーンナップ②登板投手③抑え・中継ぎ投手④過去のレジェンド⑤その他選手


③英語実況はそんなに大した事を言ってないので聞き流す。

④ソシャゲなどをやりながら見ると負担が減る。

↑このページのトップヘ